お葬式の流れと何をすべきかを理解する

連絡を受けて会場に出向く参列者ではなく、遺族の家族すなわち参列者を迎え入れる立ち位置となった葬儀の場合、果たして何からどのような順番で対応すべきなのか、にわかには答えられずともそれを恥じることはありません。大切な家族が急逝するなど、日常意識しないイレギュラーな現実であり、限られた時間の中で、お亡くなりからお通夜を通じての告別式までの流れを、遺族として経験する回数は自ずと限られています。

何より大切な家族を失った悲しみと動揺の中、誰もが迅速冷静にお葬式に対処できなくても致し方ありません。だからこそ、正しい専門知識と確かなフットワークを有する、葬儀専門業者のサポートが必要不可欠です。同時に私達は万一に備え、どのような葬儀形態を選択するのか、会場の確保はどうするのか、故人の関係者各位への連絡はどうするのかなど、シミュレーションしておくべきポイントが多数あります。喪服の準備や参列者の移動の足の確保など、思い描くお葬式のビジョンが鮮明になるにつれ、次々と早急に態勢を整えるべき作業が浮上するのも、お葬式の大きな特徴です。

さらに掘り下げて検証すれば、果たしてどの距離感の方々にまで不幸を知らせるべきなのか、お通夜にのみ参列いただく、あるいは葬儀全てへの参列をお願いしたい相手は誰なのかなど、さらなる要確認点が浮上してきます。こうした一連の対応全てを当事者である遺族だけで捌き切ることは到底不可能であり、やはり全幅の信頼を寄せるに値する葬儀の専門業者、もしくはそれらに準ずる存在が見過ごせません。ですが、あくまで専門業者はサポートする立場であり、あくまで故人の家族主導で執り行われるのが基本です。いざ現実となった際に、家族全員が途方に暮れてしまい、動けぬまま時間ばかりが経過せぬよう、ある程度早い段階から希望する葬儀のスタイルを明確に見据えておく準備も大切です。

ここではお葬式全体の流れを時系列に沿って検証し、各々の内容と確認する作業と同時進行で、喪主とその家族がお葬式に際して知っておくべきポイントをお伝えします。式に伴うそれぞれの作業が時間との対峙となる非常にタイトな弔事であり、関係者の心身への負担が小さくありません。正しい予備知識を通じ、少しでもこれらの負担を軽減して円滑に式を執り行ってください。立ち位置を参列者サイドに置き換えることでも、随所でお役立ていただける関連知識のお届けですので、ぜひ熟読から臨機応変にお役立てください。

新着情報

2019年09月19日
  ホームページを更新しました。